カミングアウトして良かった〜カス汁〜

両親がマンションに遊びに来たので、おふくろの味「粕汁(かすじる)」のレシピをゲットした。押してダメなら引いてみろ!

 
カミングアウトカス汁
 

子供の頃、嫌いだった食べ物、あんこ・セロリ・粕汁。今でもあんこは苦手な食べ物で、社交辞令で口にする程度(お土産で饅頭が配られたら飲む)。

 

セロリと粕汁は、大人になって大好物に。セロリはどこのスーパーで買っても変わらない味だけど、粕汁は様々。冬になると食べたくなる「オカンの粕汁」

 

自分がゲイだと親に伝えていなかった時に料理のレシピを聞くと、

 

父親「料理を覚えるより、作ってくれる嫁さんを探せー」

母親「彼女に教えてあげるー」

 

となる我が家。恋愛・結婚の方向に話が進んでしまい、嘘をついて緊張するし、コミュニケーションが面倒臭くなっていく(カミングアウトは30代後半)。

 

10〜20代の頃は「おふくろの味」に興味がなかった。30代になると「懐かしい味」に興味が出てきて、肉より魚、洋食より和食にシフトチェンジ。

 

「大人になったら好きになる!」と言われていた通りだった(20代でも十分に大人だし、あと、あんこは除く)。

 

オカンのカレーや肉じゃがなどは、10〜20代前半に料理している場面を関心があって見ていたのか、手伝いをあまりした記憶もないのに、再現は可能。

 
カミングアウトして良かった
 

もともと嫌いだった粕汁の観察はしていないので、具材の中身もうろ覚え。酒粕が臭いので近づかなかった。

 

「なんで今日、せっかくの唐揚げなのに、粕汁あるの?」って文句を言っていた記憶もある。唐揚げ好きなので、「台無しにするな!」と反抗期。

 
大胆な酒粕の画像
 
カス
 

恋愛・結婚圧力が高まる20代中頃には、ゲイ事情からキッチンに近づかなかった。「家庭」に繋がりそうな言動を避けた。

 

20代後半から今のパートナーと同棲して、30代になって、「強烈に粕汁を食べたい日」が年に2回ほど訪れるようになる。

 

友達や彼氏と定食屋を巡ったり、ククパって(クックパッド見て)自分で作ってみた。それはそれで美味しい。

 

でも、「オカンの粕汁」とは別物。記憶では嫌いだったけど、今食べたら美味しいと分かる味。

 

たまたま今日、父親が「昨日、粕汁を食べ過ぎてー」との会話が出て、「強烈に粕汁を食べたい日」の口になり、作ってもらうことに。チャンス、メモしよう!

 

でも、必要なかった。粕汁は、基本の作り方。頭の中で勝手に「肉か魚」が入っていると思い込んでいたのが根本的な間違い。

 

定食屋など外食での粕汁メニューは「売り物」だし、豚や鮭など、何かしら大きな具(メイン)が入っていたりする。

 

クックパッドは普段お世話になっているものの、粕汁に関しては「攻めのレシピ」がチラついて迷宮入りを加速させた。

 

「鮭じゃない、豚か。いや味噌か、違った、次は鳥!おかしい、ブリ?白身?鯛なのかー」そんな試行錯誤で辿りつけなかった贅沢な話。

 

「オカンの粕汁」は肉魚は不要。「子供に野菜を食べさせるため」のレシピで、シンプルに野菜中心で健康志向。

 

味の秘密は引き算というか、安く済ませる家庭の台所事情。具材は人参・大根・こんにゃく・油揚げ・ネギのみ。

 

ネギは色味(緑色をキープ)のために、食べる時に食べる分だけ煮る。だからネギはシャキシャキ。ポイントはそれぐらい。

 
粕汁
 

押してダメだから、また違う押し方を続け、牛肉やチーズを入れてみようと考えたこともあった(さすがに取り下げた)。

 

こういう些細な事も、ちょっとゲイだから(?)こじれてた案件。これから好きなだけ、カス汁ビシャーブシャーできる。

スポンサードリンク

2 Responses to “カミングアウトして良かった〜カス汁〜”

  1. めだか より:

    確かに小・中学生で粕汁好きは聞かないし、大人の料理ですね。湯豆腐も味が無くて食べづらく、大人になって美味しく思います。幼少期酒粕で作る、甘酒の方は好きでした。あんこは薄めてやっと飲む感じ、自分なら買いません。同じですね。

  2. ライオ より:

    めだかさん、コメントありがとうございますー。

    色んな料理を食べとけ!と口癖だった両親です(食育?)。あんこ、薄めて飲む方法って手軽そうですねー。

    パートナーが正月にあんこ買っちゃって、ずっと冷凍庫で化石状態なので、試してみます!私、まだ湯豆腐は好きになれてない子供舌ですー(;´ρ`) 。

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク

このページの先頭へ