確定申告はまるで成績表

確定申告の書類を仕上げてプリントアウトした。去年や一昨年との収入を比べると、キレイな右肩下がり。悲しい成績表。

 

「生活面は楽しい右肩上がりなので大丈夫です」。これ、国税庁の方に強く訴えたい。目に見えぬ、形じゃない、大切なメモリー(BY ワンオク)。

 

これまで他県に引っ越しても、「住所変更届」や「住民票」を出したことがなかった。パートナーが住所変更し、私はそこに転がり込む同棲パターン。

 

私が在宅ワーカーだから考えずに済んでいた。住民票は実家の住所なので、納税も実家の県庁所在地。

 

確定申告のお知らせや社会保険料(国民年金保険料)控除証明書などが届くのも実家。これは少し面倒です。

 

会社勤めをしているゲイやレズビアンカップルの場合、勤務先に通勤経路を伝えないと定期券を買えないとか、通勤災害や労災も適応外になる。

 

同じ住所にルームシェアする形が増えているし、世帯が別だとゲイだとバレるキッカケにはならなかったりする(同居人として世帯を一緒にした場合は保険料が変わったりするだろうし、どうなるんだ?)。

 

初めて同棲する頃(昔の彼氏と同棲した時)は、わからないことだらけで、周囲に聞くゲイカップルもいない。ネット知識もなかったので困った。

 

当時は、アルバイトや派遣社員だったので、あまり深く考えずにやり過ごせた。

 

サラリーマンになると、その辺りをしっかり考える必要もある。面倒なので、サラリーマンという選択肢そのものをスルーして諦めていた気がする。

 
ゲイ確定申告
 

ゲイカップルの友人の一人は、彼氏と同棲している部屋とは別に、会社や親用に「ここで一人暮らしをしてるよ!」とわざわざ賃貸マンションを借りている。維持費も大変。

 

私の彼氏の兄弟や会社の同僚が、3年に1度くらい遊びに来る。その時は、「私と一緒に住んでいる痕跡」を完全に隠す。こちら方式もアリバイ工作が大変。しかし、冷蔵庫の大きさなど、隠し切れないもので疑われたりする。

 

ゲイを隠すのも大変。

 

こういう細かいことせずに済むようになったのも、私がカミングアウトして良かったと思える1つ。

 

親と生活の面でも話すこともできるようになって、世帯分離して、親の介護保険料の負担を下げられたりしたのも良かった(私の保険料は上がりました)。

 

親にゲイだとカミングアウトを済ませた状態で、今回の大阪への引っ越し。住民票を大阪で出そうかと考えはじめていたときに、確定申告のタイミング。

 

確定申告は、去年からの引き継ぎで(変化がなければ)、かなり省略しながら作成できる。

 

大阪に住民票をうつしたら、来年の確定申告は1から作る必要性がある。だるい。だるい。だるい。

 

免許の更新も、大阪だと門真や光明池(あまり運転しないので即日不要だし警察での発行も可能ですが)、このまま実家に住民票を置いておこうかと悩む。

 
ゲイ住所変更
 

大阪では今年から、住民票がコンビニで出せるようになった。「写真付きの住基カードはオススメ!」と知人が教えてくれた。流行りモノが大好きな彼。

 

平日の昼に時間を持てるので、雨の日、混雑時を避けて市役所や区役所に行ける。住基カードの必要性をあまり感じない。

 

車やバイクを買う機会もない。ローンもありえないし、NISA(ニーサ)にも興味が無い。株で車1台分ほど損失出したし怖い。

 

住基カードを持って、住民票をコンビニで!というタイミングがない。

 

AKBの川栄さんの事件や転売防止からか、本人確認できるものが必要になっていく時代だそうで、子供に持たせると便利なカード。切り口を変えての説得。

 

私の年代は運転免許書で顔付きの本人確認できますが、これから写真付きの住基カードがコンサートやライブにも必要になる可能性もある。

 

10代が中心のファンだと、保険書だと本人画像がないし、写真付き住基カードもこれから熱い!

 

チラッとONE OK ROCK(私がワンオクファン)を、住基カードの説得に出してくるあたりが、ヤリ手な知人。

 

カミングアウトしていないノンケさん(ストレートの方)。その説得方法は通用しないゴメン。今後も子供はいないので響かなかったです。

 

唯一、住基カードに興味ある点は、電子申告での納税システム「e-Tax」。プリントアウトや郵送なしで確定申告ができる。ICカードリーダーも安い。

 

確定申告しない人が多いから、せめて家からパソコンでポチッとお願い!ってのが「e-Tax」のキッカケらしいです(自治体とコンビニが結束)。

 

でも、住基カードを「大阪」で作るには、住所変更をしないといけない。郵送方法も可能だし、委任状で転出届けから転出証明書とわざわざ出向かなくてもいい。

 

しかし、住基カードを作成した受け取りだけは本人が行く必要がある。なるほど!惜しい!そこが面倒!

 

ゲイやレズビアンカップルで同棲生活している人は、住所変更や住民票はどうしているんだろう?あまり立ち入ったことを聞いたことがないし、チャンスもない。

 

この時期、国民年金に加入している人に届く、国民年金基金についてのお知らせ。

 

今にゆとり。老後にゆとり。

〜あなたの年金について考えてみましょう〜

 

ゲイの同棲、片方が個人事業主の場合、どれチョイスするのが良いのか…。シュミレーションの中に入れて欲しい(従わないだろうけど)。

 

漢字と数字だらけの1年の成績表(確定申告)。今年は大阪に住むので幸せ面は万全。収入の下げ止まりに期待。ハッキリ1年分の数字を計算すると、さすがに考えさせられる。

スポンサードリンク

6 Responses to “確定申告はまるで成績表”

  1. kira より:

    ワンオクコメは右肩上がり、天井知らず(^_^)/

  2. ライオ より:

    kiraさんへ

    ホント、こんなにいっぱいの同年代〜それ以上のワンオクファンがいたなんてー。もう、楽しすぎます♪

  3. amber より:

    ゲイ友は多いのですが、いかんせんみなさん長続きせず…
    同棲組はあまり知らないのです。
    でもみんな、どうしているのでしょうね〜。

    実は私も在宅ワーカーで旦那が個人事業主。
    ここ数年eTaxのお世話になっております〜^^
    会社員時代より収入は減りましたが幸せ度数は上がりました〜

  4. ライオ より:

    こんにちはー。amberさんが在宅ワーカーで、旦那様が個人事業主なんですかー。

    何かamberさんとは共通項が多くて(堂山にも行かれるようですし)、親近感を覚えてしまいます(*´∇`*)。

    私はサラリーマン社会に馴染もうとせず+体調不良から家で仕事派になったので、スキルもなく苦労の日々ですが。

    でも、「収入が減っても、幸せ度数が上がる」ってのは、「あるある」かもしれませんねー。1馬力だと不安でしょうが…。

    私が感じるゲイ事情では、30代半ば頃から同棲カップルが少し増えてきたように思います。でも続く人はまだ少ないですね、誘惑が多い世界ですし。

    同棲するとゲイバーなど出会いの場にも行く機会も減るので(私もここ10年で付き合いで2回行った程度ですし)、遭遇することも難しく…( TДT)。

  5. amber より:

    ほんとほんと、私もライオさんのブログを発見したときは
    「めっちゃ私と似てる!」と嬉しくなったものです^^*

    私は十数年リーマン生活を送った後の在宅ワーカー。
    旦那も私も収入は安定しませんが、フリーワーカーの方がロックで気に入ってますよ〜w
    このところ、ロックに生きるがキーワード。w

    ゲイカップルのお話、
    どうしても他に目移りしちゃうみたいですね…
    カップルになっても結婚みたいな法的な契約もないし…同性婚する人なんてまだまだ一握りですもんね。
    私のゲイ友はだいたい40代ですがみなさんシングルライフを満喫してはります。w
    フットワークが軽いんだ〜!みんな。
    それなりの職業や地位に就いてる人も多いし
    オシャレだしセンスもいいし
    ああいう生活、ええなあ〜って羨ましいですよ。

  6. ライオ より:

    amberさん、こんばんはー。

    収入を「不安定」と捉えるか、「ロックな生き方!」に感じるか、全然違いますよねー。もちろんロックで!

    amberさんも旦那様もカッコイイ∩(´∀`∩) !

    ゲイ友達は40代の方なんですねー。フットワークが軽くて、気持ちも見た目も若く、オシャレ、センス良い、社会的地位がある。想像できますー!!

    そのラインの方がやっぱり知り合いやすいですねー。自信も持ってられるし、余裕があるしー(*´∇`*)。

    私も頑張ろう!という気になりましたー!!

コメントを残す

このページの先頭へ