ゲイと美容院

ゲイの美容師さんって結構多い。ただ、土日祝のカレンダー通りに休みを取れる美容師さんは少ないので、出会いの場所では見つけにくかったりします。

 

昔、付き合っていた彼氏が美容師。そこからの繋がりでいっぱいいると知ったのですが、ゲイの感性や特技が活かしやすい場所。カミングアウトもしやすい職場かも。

 

当時の彼氏に、自宅で髪をカットしてもらったり、頭皮マッサージをしてもらえるのが至福の時間。その経験からか、美容院選びにうるさくなった自分がいます。

 

技術にうるさいのではなく、髪の毛を切ってカラーをしてもらう2時間ほどを、「リラックスして過ごしたい」。雑誌を読んで過ごすのは勿体無い!

 

前回の引っ越し後、10店舗以上も美容師さん選びにかかって、1年半ほど決まらなかった。

 

「この人、良さそうかな?」と思っても2回目以降でダメになったりと(原因は私にあるのですが)、美容室選びは困難です。

 

大阪への引っ越しに際して、病院の他に美容院にも行ってきたのですが、1回目で良い美容師さんに出会えた。たぶん、もう大丈夫!

 

月に1回、「悩まなくて済む」どころか「楽しみ」になりました。女性の方はもう少しスパンが長い人が多いみたいですが、私は月に1回、髪の毛を切りたい派。

 

病院の先生は豪快な人が良いし、食べ物はパンチの効いたものが好きだけど、美容師さんは、フワフワと温和な人が好きになりやすい。

 

なぜなのか考えると、平日の昼の美容院の混んでいない時間帯に行くため、

 

「仕事、何されてるんですか?」

 

って聞かれるんですよね。当たり前の会話ですし。嘘をつくと面倒なので普通に「家でパソコン仕事をしています」って答えると、

 

「社長ですかー、凄いですね!」

 

ってなることもあって。私、病気になって飲み会やらの付き合いが出来なくなったので社会に出る、会社に通っての仕事が不都合になった。

 

その選択肢から家で出来る仕事を探したので、ガツガツ稼ぎたいフリーランスな自由業メンタルではないし、法人でもないし、稼げてもいない。

 

適当に流してくれる方ならいいのですが、仕事の話を広げてくると、こちらも病気の説明につながってしまうので楽しめない。

 

もう一つ、30代後半なのでギリギリ聞かれるのか、

 

「結婚されてるんですか?」

 

これも当たり前の質問なんですよね。でも、結婚していないと美容師さんに話したら、彼女紹介の話になったり(親切なんですけどね!)。

 

私のパートナーを「彼女」に置き換えて話をしても、「じゃあ、彼女さん、結婚待ってるんじゃないですか!」って。

 

美容師さんには悪気がない。でも苦しい会話なので、できれば避けたいのが仕事と恋愛系の話。

 

だから、あまり質問形式の会話よりも、フワフワと自分の話をしてくれる美容師さんが私にはピッタリなんですね、今回のことで確信しました。

 

前回まで通っていたお気に入りの美容師さんは、「彼女のことが大好き」「ギャンブル命」の内容を延々と話す人でした。

 

担当してもらっている間に結婚したり、新婚旅行で英語話せないから二人とも3日間ホテルの中で持っていった漫画を読んでいた話とか、ほのぼのして楽しい。

 

あまり若い人も苦手な面もあります。30代後半になると一皮むけて慣れ始めているものの、ピチピチした肌ツヤの若いイケメンさんと自分を鏡で見比べる対面状態、さすがに落ち込みます。

 

今回はホットペッパービューティーで調べた結果、顔や情報を出していないので雰囲気も年齢も分からなかった美容師さんを選んだんです。

 

チョイスした理由は、スタッフブログを読んだらすごく何気ない、「自分のフワフワとした日常」の日記を月に1回ほど書く人だったこと。それも5行くらい。

 

幸せ全開やイケてる写真などの「オレオレ的な押してくる感じ」がない雰囲気もあって、同年代かな?とも思いまして予約。

 

担当の挨拶に来たのは男女ともに受けの良さそうな、細くて色白で爽やかなイケメン。年齢は25歳くらい。

 

顔立ちは違うのですが、背格好や服装がワンオクのTakaさん風(Mighty Long FallのPV)。若さへのガッカリと緊張と少し嬉しい複雑な気持ちの入り混じり。

 

仕上げて欲しい髪型や色を伝えるやり取りをはじめると、ゆっくりだけどハキハキとした話し方をしてくれる。好きな感じ。

 

カット中もフワフワと何か喋っている。ラクだ。オシャレな服を着てたので、「その服、メチャ良いですね」って話をふった。そしたら、

 

「マジっすか、ホントっすか!もう、メッチャ落ち込んでたんすよ!自分ではカッコイイって思ってた服だったんすよ!でも、今日の朝のお客さんに、その服はダサイし、似合ってないって言われたんで、ずっと気になってたんですよー!嬉しいすよー」

 

って。そんなこと言う失礼な客っているんだと不思議に思ってしまい、そのまま聞いた(その時には会話したいって思えるようになっていた)。

 

「そんなこと言うお客さんっているんですねー」って。そしたら、

 

「ゲイの方なんですよー」って。

 

苦手な会話になってしまったと、心臓が飛び出そうになりました。そして、そういうこと言うのはやっぱりゲイ(というよりオネエ様)なんだとガッカリしつつ、

 

「ゲイの方って美意識高いし、カッコイイじゃないですかー。その方はマッチョ好きらしくて、僕みたいなガリガリは嫌いなタイプらしいんですけど、美容師として僕のことを気に入って、毎回指名してくれるんですー」って。

 

自分もゲイだとバレないか?それを引き出したくてそんな会話してない?と怖くなったので、適当に相槌を打っていたら、

 

「もう一人、ゲイのお客さんがいて、その方も僕みたいなタイプじゃなくて、ずっと年上の人が好きらしいんですよー。美容師として技術を褒められるのも嬉しいですけど、僕も、ちょっとくらいカッコイイって思われたいっすよー!」って。

 

いきなり服にダメ出しするオープンゲイのオネエ様にも優しいタイプだ。というか、何に対しても、全部フワーっと自虐的でもない会話をする。

 

でも、ゲイの話は広げたくないので雑誌を読んだり、頭に入ってこないので読んだフリをしたり。

 

しばらくしたら実家の話をしはじめて。そしたらそこそこ田舎で、だから温和なのかなー、心に曇りがないのかなーって。

 
ゲイと美容院
 

実家の話から、「お父さんを尊敬してて、お母さんが大好きなんすよー!」って。話すことがほのぼの可愛い。

 

「お正月にお母さんと福袋を買うのに百貨店へ朝から並んだら寒くて、雪まで降ってきてー。来年はカイロ持っていくって決めましたー」

 

「体が細いんで、お母さんと福袋の中身をジャンケンで取り合いしたんです。ジャンケン勝ったけど、お母さんのほうが似合うだろうから実家に置いてきましたー」

 

「家族で賭けトランプして合計100円くらい勝ってしまい、正月から親不孝なんすよー」

 

「親孝行したいんすよー!ついつい実家に帰っちゃいますー!」って、病んだ感じもマザコンやファザコンも、親に依存的な感じも、暑苦しい感じもなく。

 

両親との話を淡々としてくる。これが「ゆとり世代」って言われる、優しい子供たち?関わらない年代なので詳しくないけど、「良い子」が多いってコレのこと?

 

「こんな子、欲しいんですけど!」って親目線に切り替わってしまい、細いガリガリの体の美容師さんに「ご飯作って食べさせたい!」って気持ちが噴出したり。

 

オネエ様の客が二人も付いている理由が分からないでもなく、私も三代目ゲイソウルBROTHERS(SISTERS)に加入して、次回からも予約させてもらいます。

 

隠してるけどゲイのお客さん、もっといる。そもそもキレイな顔立ちでカッコ良さと可愛さが混ざっているので、顔でも十分に客が取れそう(笑)。

 

天狗になってもおかしくないのに自分がイケメンだと思っていない(思わなくて済んでいる)のは、他に2名、その美容室にはモデルのような高身長で男前の美容師さんがいるからだろう。オーナーさん、顔や外見で選んでないか?

 

2名(パーマとヒゲ男)とも「オレオレ感のあるイケメン」ですが、その見た目じゃ仕方がないなと納得できるレベル。

 

自分のことを「イケメン」だと認識していないほうが、かえって「バカなの?」って思うくらいレベルが高い外見なので、典型的な男前の立ち振舞。大阪感ゼロ。

 

ファンみたいな女性客の扱い方にも手慣れている感じで、ヒゲ男に関しては軽く雑。そこが魅力なんだろう、無骨な感じで。無愛想からのたまに笑顔。卑怯だ!

 

でも。ありがとう、パーマとヒゲ男!アナタたちのズバ抜けた男前のおかげで、一人の田舎出身の若いイケメン美容師くんが天狗にならずに済みまして、ゲイをホッコリさせています。

 

ちなみに私は、細かろうがガッチリしてようが、キレイだろうがワイルドだろうが大丈夫。「誰専」ではなく、性格が気に入れば好きになる「性格専」です。

スポンサードリンク

11 Responses to “ゲイと美容院”

  1. 南国 より:

    3代目~~~~~~~~っ!!
    もぅ!ライオさん好きっ!((笑)
    ツボはいりました(爆)

    なるほど!あたしが思っていた信頼関係とはちがったけど(1回目なんだからであたりまえか)楽しみができて良かったですよね

    このtaka氏風の彼、見てないけど、ライオさんの文章から見える気がします~♪
    波長ってありますよね
    母性本能くすぐられるタイプなんですね~きっと

    雑誌を読んで過ごすのは勿体無い!ってのわかります~♪
    あたしもそっち派かな
    逆の立場で言うなら、雑誌を持たないで楽しんでもらえてるのがわかったら嬉しいです
    波長があいすぎて、深く入り込みそうになるのをそこそこで止めるのが大変だけど((笑)

    確かに美容室やメイクさんゲイのかた多いですね あたしの友達は洋裁系とかお花系、インテリア系ですが~ 考えてみたら 何故か同業者のゲイには仲良しはいない…何でだろ?

    ホッコリ君とのほんわかブログも楽しみにしてまーす♪

  2. ライオ より:

    そうそう、母性本能!!くすぐられるのも楽しいもんですねー。

    ゲイの友達には、ゲイの美容師さんの個人サロンでカットしてもらっている人もいますねー。

    周囲のことを気にせず、好きなことを話しながらだと居心地いいですし。

    私は別世界の話が聞きたいので、ゲイの美容師さんのサロンを紹介してもらったことあるのですが、今のところ通っていません(*´∇`*)。

    波長が合って深くなるってのは、本当は理想なんですよー!ドンドン行ってオッケーの気がします(笑)。

    同業者のゲイで仲良しがいないのは、距離が近いほど、リスクヘッジのために色々と隠す人が増えるからかな?

  3. nmk109 より:

    ライオさん、南国さん、こんばんは。

    ライオさん、三代目~~~!!!外でいましたが思わず声出して笑ってしまいました。昨日のR-1よりツボです。ってか私も入りたい(笑)

    takaさん風ホッコリ君なんて私達の理想の息子じゃないですか!!ほんと母性本能・・・最近はすぐ出ちゃう。とくに若い男の子には。

    美容院に行く2時間・・・かなり大事ですよね。求めすぎかも知れないけど、髪だけじゃなく身も心も軽くなって帰りたいんです。そこにお洒落すぎる自信たっぷりな男子は必要ないんですよね、私には。
    思えば独身時代に担当してもらっていた美容師さんはゲイの方でした。すっごいお洒落だけど全然平気で、とても清潔感のある人でした。とにかく居心地が良かった。
    出産とともに行かなくなってしまったけど、あの人以上の美容師さんにもう出会える気がしないです。

    去年の年末に髪を切って、気付けばなんと二年ぶり。
    こうやって女を忘れていくんだと痛感。
    今の美容師さんも同じ子持ちで、育児の話などもちろん楽しいのですが、ライオさんと同じく別世界の話が聞きたい知りたい。
    私もホッコリ君的な美容師さん探そう!!いや・・でもやっぱり緊張するな。あのゲイの美容師さんに近い人がいいな、男性でも女性でも。
    私の住む田舎ではかなりの難題。勇気を出して昔のように都会まで出向いてみようか・・・とりあえずホットペッパービューティーを見てみよう。
    またまた楽しみが増えました。今年はほんとにもうどうなってんだか・・・景色がどんどん動いて、嬉しい悲鳴あげまくりです。

    ところで引っ越しは順調ですか?私も経験ありますが、段ボールの数に心が折れ現実逃避するように、全部見たはずの「Sex and the city」に再度ハマり全然片づけが進まない状態になったことあります。
    引っ越しはやっぱり大変ですよね。

  4. ライオ より:

    母性本能、赤ちゃんや小さい子供に出るならいいけど、20代男性に出ちゃうとね、ちょっと恋心も混ざってややこしくなります(;´ρ`) 。

    良い美容師さんに出会えると、月に1回の楽しみになるんですよねー。

    ぜひぜひ、探してみましょーよ!ってか、南国さんところに行くとか(笑)。

    引っ越しの準備はねー、色々と折り合いをつけるところが難しいですよねー。でも、順調です(^O^)/!

  5. 南国 より:

    ライオさん
    nmk 109さん

    お晩です♪

    母性本能か~♪
    あたしお店のお客様でも、若い男性苦手で((マジで20代は特に)
    でも、意識しすぎて苦手なんかな?と最近思うのね~若すぎておばはんって思われるのが怖いのかも~((笑)

    月一、南国サロンにご来店いただくのはめっちゃ高くつきますな( ̄▽ ̄;)楽しいワンオクやらライブ談義は尽きない2時間はお約束できますが…( ̄∇ ̄*)ゞ

    別世界の話~いいてすよね!
    非日常的なことで会話したいのはありますね~現実逃避大好きです((笑)

    安心感や居心地も大事だけど、相手が男でも、女でもトキメキ欲しいですよね あたしもトキメキ見つけてキラキラしたいわ~♥

    仲良しまではいかないけど、お世話になったゲイの先輩はいたな~
    お姉さん的な方だったけど 、いつも3つも年下のあたしに『南国~っ!ちょっとおいで!』って怖い顔して呼びつけては、こっそりバックルームの片隅で『タイプのお客様キタ~♥どうしよどうしよ~っどうしたらいい?』ってオトメなってました((笑)かわいかったな♪元気かな♪

    引っ越しもライブも体力が重要だから体調整えてね~♪

  6. nmk109 より:

    南国さま

    月一で今一番行きたい場所ランキング断トツNo.1の沖縄でワンオク談義の、散髪⁉️マジで考えてしまいますがなッ‼️一年に一回なら…とか?

    ライオさん言い出したから一緒に行って下さいよ。なんちゃってー‼️

  7. ライオ より:

    20代男性のお客さんなら、ワンオクの話を振れるじゃないですかー。意気投合して島人ワンオクファンを拡大させてくださいー!

    そして、美容院のバックルームの裏話、めっちゃ想像できますー。楽しそうなオネエ様ー(≧∇≦)。

    ワンオク談義なんてしちゃったら、2時間で終わらない!切る髪が無くなっちゃう(笑)。

    よく考えたら、美容師さんとの会話、まんまブログに載せてるから、本人が読んだら分かるんですね。

    まぁ、そんな奇跡は起きないだろうけど。ゲイだとバレるのはいいけど、母性がバレるって恥ずかしいですね(笑)。

  8. 南国 より:

    ライオさん
    nmk 109 さん

    おはようございます!
    沖縄でライブあるなら迷わずついでに南国サロンに足伸ばして~ってお願いして、お立ち寄りいただくんですけどね~((笑)

    過去にもライブハウス以外ないかも!2015.02.01音市場が多分で3~4年ぶりじゃないかな?
    セルラースタジアムもできたから来てくれたら嬉しいけどな~

    確かに2時間で足りないから切る髪なくなりますね!((笑)

    ワンオクつかみに20代男子攻略法考えてみますわ~♥
    ライオさん、ゲイだとばれるのは良いけど、母性ばれるの恥ずかしいって~かわいい!確かに恋心ばれるより母性は恥ずかしいかもね♪

    あたしも、大阪に里帰りするときにホッコリ君のサロン教えてもらおうっと!

  9. ライオ より:

    普段はねー、ゲイだとバレるって嫌なんだろうけど。その美容師さん、受け入れ力が凄いなーって感じましたし(笑)。

    通って行くうちに、「自分もゲイですよー!」って、言ってみたくなっちゃうかも。

    そうだ、南国さんは大阪出身でしたねー!あぶない、いきなり詳しく場所を書き込みたい衝動に。コソッと教えますー( ´¬`)ノ。

  10. 南国 より:

    受け入れ力か~♪ホッコリ君がホッコリ君であるポイントなんだろうなぁ~♪

    きっと、ライオさんがゲイだとわかっても「そ~なんすかぁ~」でそらっといってくれそうですよね
    何となく

    では、是非コソッと((笑)

  11. ライオ より:

    美容師さんやファッション関係の方は、職業柄、何となくゲイ慣れてくれている気もして(笑)。

    「そーなんすかぁー」って、本当にサラッと流してくれそう。時代も良くなっている気がしますー(*^^)v。

コメントを残す

このページの先頭へ